大掃除前の今の内に「1週間で8割捨てる技術」を身につけよう!

1syuukan8wari
こんにちは!saoです。

みなさん・・・突然ですが、胸に手を当てて、正直に答えてくださいね・・・?

・・・部屋きれいですか・・・?
整理整頓されていますか・・・?

自信満々に「きれい!」と答えた人は大丈夫です。
少しでも言葉に詰まった人・・・我々は仲間です。やったぜ!仲良くしようぜ!兄弟!

少し前から「断捨離」という言葉や「ミニマリスト」という言葉が氾濫していません?
どんどん「物を持たない」ことに価値を見出さらているというのに、私の部屋は今日も色々なものが私を出迎えてくれています・・・。
ヴィレッジバンガート大好きだもの。仕方ないじゃない。

とは言え、たくさんのものがあるのも幸せだけどさ。
ちょっとここらで少しものを減らした方がいいんじゃないの?なんて思っています。

そんな私が読んでみたのは、「1週間で8割捨てる技術」という本。
読んでいるだけで部屋の掃除をしたくてウズウズする内容だったので、大掃除前の今の季節に、みなさんに紹介したいと思います!

「1週間で8割捨てる技術」ってどんな本?

pb200011
ミニマリストで五十路主婦の筆子さんという方が、自分の経験を元に物を捨てるための技術を丁寧に書いてくれている本です。

タイトルの通り、1週間でものを捨てるための本ではありますが、1週間で全てを終わらすための本ではありません。

一週間で捨てる体験を積み重ね、捨てる筋肉を強化しながらコツコツと捨てていく

という内容です。
さぁ、今こそ一生ものの掃除力を身につけるのです!

そもそも「ミニマリスト」って一体何!?

「ミニマリスト」という言葉はインターネットや書籍などで目にしていたんですが、ずっと「ものを異常に少なくして生活する人たち」という認識でいました。
本当に正直なところ、「現在のトレンドはこういう生活なの!だから私の生活はおしゃれなの!」みたいな流行に乗ってる自分を見せびらかしてるだけだと思ってた・・・すまんな。

その印象が少しづつ変わってきたのが、本田 直之さんの「LESS IS MORE 自由に生きるために、幸せについて考えてみた。」という本を読んだ時。

ものが少ない生活を送ることで、ものから解放され、自分にとっての幸せを見つめ直す」という生き方を知った。



・・・知った・・・。




・・・・・知ったよ・・・・?

だけど、何もしませんでした。あはは・・・
理由は単純で今の生活にそこまで不満もなかったし、物が多くても問題はないと思ってた。

ゴミ袋4袋分捨てたら気持ちが変わった

そんな私ですが、退職を機に普段掃除できない場所まで掃除するか!と思い立ち、ゴミ袋4袋分捨て、押入れのものを一度全て出して整理してみたんですよね。

そしたら、なんかすっげー気分がいい!
日々使うものがすぐ見つかるから便利!

と、ものを減らすことで、気分もすっきりして、物を探す時間が減るという体験を得たんです。
掃除するまでは意識してなかったんだけど、日々探し物してる時間って結構長いのね・・・気づかなかったわ・・・。

捨てる判断基準が欲しかった

と言う訳で、「1週間で8割捨てる技術」という本に話を戻します!
私は「物を捨てる判断基準」が曖昧なまま掃除をしていたんです。
なんとなく「使うもの・使わないもの」という基準で掃除をしていたんですけど、この本を読むことで新たな基準を設けることができそうです。

例えば・・・

icon-check-square-o 本の場合
「また買うか?」と自問自答して「買わない本」
いつかなりたい自分のためにとってある本

は捨ててしまおう、といったような基準を提案してくれています。
本ってまた読むかも?と思ったり、手元にあってもいいかな、と思って捨てにくくなってました。
基準さえ設ければ機械的に捨てるだけ!

所有品とパレートの法則

ところで皆さん、「パレートの法則」ってご存知ですか?
全体の8割のことは2割の要素が握っているという法則のことです。

例えば、お店の売り上げの8割は、2割の商品が占めている、というような法則を言います。
(以前ネットショップで働いていましたが、本当にそうなんですよ!)

これ、所有品にも当てはまるそうなんです・・・!

筆子さん曰く、所有品の8割は必要のないものだった。とのこと。
じゃあ、8割のものは捨てられる・・・!?

やっぱりまだ「いつか使うかもしれない・・・」と思って捨てるのに戸惑うものがあるのですが、ちょっとずつものを減らしてみたいと思います。

ものを減らすことで、自分や幸福と向き合う

「ミニマリスト」はものを減らすことを美徳としているけれど、やっぱり私は心のどこかで、ものを買うことでの幸福感やワクワク感を持ってるんだよなぁ。
今も新しい腕時計とカメラが欲しいと思ってるし、恐らく遠くない内に購入するのではないかと思います。

でも、ものが増えることだけが幸福ではない、ということにも気づき始めました。
買ったけど着ない服、もらったから大切にしようとしまっている内に使えなくなってしまったもの、お気に入りだったから今はもう使わないけどとっておきたいもの・・・。
高校生のときのみんなの写真、アルバイトを辞めた時に書いてもらった似顔絵、好きな作家さんの装丁違いの本・・・。

思い出をとっておくことで幸福に浸れるのか、物を捨てることですっきりして生きやすくなるのか・・・。
物を捨てる練習をしながら、自分なりの幸福に向き合ってみたいと思います!

少しづつものを捨てることで発見などがあったら、順次ブログで紹介したいと思っているので、宜しくお願いします!

The following two tabs change content below.
都内の某おしゃれタウンで働く場違いOL。 インドア派のネガティブ思考。 7割真面目で3割ふざけてる、くらいの割合だと思う。多分。きっと。 詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterフォローしてもらえると喜びます♪

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)