2016
02.10
title:

BUMP OF CHICKEN「Butterflies」の感想【初見編】

0210
こんにちは!ついにButterflies発売しましたね!
本当は感想を記事にするつもりはなかったんだけど、聴いてたら書きたくなりました。
最近BUMPのブログ記事ばっかり書いてる気がする・・・笑

初めて聴くことは初見と言うのかわかんないけど、初見ってことで!
まだまだ聴きこめてないですw

私は音楽をすごい聴きこまないと自分の中で落とし込めないないのですが、せっかくブログやってるし、この最初に聴いただけの感想を書き残すのもいいなぁ、と思った次第です。

ちなみにBUMPが出ている雑誌とかも読んでないので、的外れの感想とかあるかもしれませんが、純粋に思ったことを書きますね!
あと、画像はタワレコの初回特典のポスターです。
意外に大きかったw

Butterflies発売を受けて

2年ぶりのアルバムらしいです!
ここ最近は活動的過ぎるんじゃないかと思っていて、全然久しぶり感がないなぁ。
rayもまだまだ2年前って印象がない!不思議。

ちなみに11曲収録ってのは、ここ最近のアルバムにしては収録曲少ない気がしました。
もちろん、発売してれるだけでとても満足ですが!

ちなみにアルバムオリジナル曲だけの感想を書いてみますー。
ざくっと書いちゃうので、誤字脱字・意味わからない日本語使ってたらごめんなさい><

GO

このアルバムはこういうアルバムですよ、っていう紹介のような曲だなぁ。と思いました。
WELCOME SONG?みたいな。

歌詞に「宝石」「サーカス(パレードを連想させるようなワード?)」「星空(流星群を連想?ってあれ?考え過ぎ?)」ってワードが使われてたからかも?
疾走感や歌詞の使い方が1曲目から惹きこまれる、そんな曲に感じました。

今の段階で好きな歌詞

どうしたくてこうしたか理由を探すくせがある
人に説明出来るような言葉に直ってたまるかよ

なんかこれ、すごいあるんです。私。
何かをするときに何でこんなことをしたかを言い訳したくなっちゃう。
単純にやりたかったから、って段々言えなくなってる。
そんな感覚を言葉にしてもらった感じがします。

Butterfly


rayのときもそうだったけど、ライブで一回聴いてるからか、聴いてて心地がいいというかなんというか・・・親近感があるんですよ。

そういえばrayと言い、最近アルバムのタイトルと曲のタイトルを被らせてきますよね。
昔より音楽以外の創作部分がシンプルになっているのかな?それとも単純にrayのときのようにそれを超える言葉がなかったのかな?

誰かの掲げた旗を 目印にして

これを見てメロディブラッグを連想したけど、きっと関係ないよね?

涙は君に羽根をもらって キラキラ喜んで 飛んだ踊った
あまりにも綺麗だから 愛されなかった 量産型

涙って言う人の傷が、消化されてキラキラ飛んだって一見、傷ついた分だけ輝ける的な歌詞に見えるんだけど・・・
「愛されなかった 量産型」って歌詞がそれだけじゃないなんだか残酷な意味を持たせてるような・・・

ただ量産型を指すなら、タイトルが「Butterflies」になりそうなのに、曲のタイトルは「Butterfly」だから、個としての意味なんだと思うんだけど・・・
どういう意味の量産型なんだろう?
まだよくわからないから、全体の歌詞見ながらよく考えてみよう。
とりあえず、次!

流星群

疾走感あふれる曲の流れで少しペースダウン!メリハリってやつですね!

あまりにも静かだったから
いろんな事を思い出す
ひとつひとつ丁寧に心の中で膨らんだ
痛みはやっぱり強いから
何より大きく育って
地球の影に広がって
僕の胸まで痛かった

ああ、子供のころの眠れなかった夜みたいな歌詞だなぁ。
この歌を聴くまで忘れているような、何気ない感覚を歌にしてくれる。
だから感覚を共有してる気になって親近感を持っちゃうんだよな。すごいよ。

たとえ誰を傷つけても 君は君を守ってほしい

この歌詞は自分を傷つけてダメになりそうになった人にとって、重みのある言葉じゃありませんか?

宝石になった日

夕立が屋根を叩いた唄
窓の外で世界を洗った

歌いだしから歌詞が綺麗。

大切な人、もの。を見守る側の視点の歌詞かな?

こんなに寂しいから 大丈夫だと思う
時間に負けない 寂しさがあるから

藤原さんにとっての「寂しさ」って一体どう歌詞に込めてるんだろう?
rayのときには「寂しくなんかなかったよ ちゃんと寂しくなれたから」って歌ってて、私はこの歌詞もよくわかってなかったんだよね。
だから、今回の歌詞も見て、私は藤原さんの歌う「寂しさ」が知りたいなぁ、と思った。
難しい。

大我慢大会

あ、「white note」枠!と思いました。
最近の藤原さんはアルバム一枚につき一曲は、こう大きく手を開いて拍手したくなる曲を一曲入れる決まりでもあるんでしょうか?笑

やせ我慢 作り笑い 外だろうと中だろうと
心を騙さなきゃ 保てない意地で立ってる

・・・そうなんだよ・・・。
我慢して、我慢して、無理しているうちに心を騙して見失うことがあるんだよ。

軽快なリズムだけど、歌詞がギクリとくるというか。
今はまだ突かないで欲しかった心境かもしれない、これ。

無理はよくないけど、もう少しだけ我慢したい。
平気な顔してたいんだよ。ばればれのような気も、ね!

はい、次行こう!笑

孤独の合唱

現段階で一番好きです。
小気味よいメロディというのでしょうか?
車輪の歌のような、ダンデライオンのような、さくっとした音というか。そんな感じです(私は音楽のジャンル?とかそういうのが本当にわからないw)

なんとなくだけど、藤原さんが音楽を作るときの感覚ってこんな感じなのかなぁ、と言う印象の歌詞です。

ライブではこのギターは誰が演奏するのかって言う音楽以外の疑問が湧いてたりします・・・・

タイトルが孤独なのに、曲調は明るい。

言葉を当てはめたら壊れるから
出てくるままのかたちで伝わるから

わかんないけど、藤原さんにだったらどんな感情をぶつけても伝わってくれるんじゃないかって勝手に思ってしまうんだよね。
それくらい、こう言葉や感情を上手く伝えてくれる人だなぁ、と思ってる。勝手に。

まとめ

深く書けば書くほど気持ち悪くなりそうなので、この辺でやめておきます!
もっと聴きこもう!

それではー!

追記 twitterで見かけたツイート

これ本当?よくわかんなけど、なんかすごいから一応載せてみました^^;
英訳やらいろんな解釈がtwitterで出回っているようです。

よく考えたら「宝石」って「ダイヤモンド」だし、「ダイヤモンド」ってBUMPのデビューシングルだよなぁ。
なんて思ってみたり。
どうなんでしょうね?

さらに追記

20周年ライブのレポ書きました!
超ながいよ!

私のBUMPおすすめ10曲もまとめたよ!
BUMP好きな人にはニヤっとできると思う。もしくはイラっと?笑

The following two tabs change content below.
都内の某おしゃれタウンで働く場違いOL。 インドア派のネガティブ思考。 7割真面目で3割ふざけてる、くらいの割合だと思う。多分。きっと。 詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterフォローしてもらえると喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA