2016
02.20
title:

「変わる」という言葉の魔力とその先のこと

こんにちは!saoです。

今日は「変わりたい」と言う話。

ちなみに2016年の目標は変わることに重点を置いてたりするので、そろそろ本腰入れて考えていきたいなぁ、と思ってます。
(目標の話はこちらの記事で!

変わりたい、という欲求

私は昔から「変わりたい願望」があります。
「変身願望」と言ったほうがいいのかもしれない。

本屋さんに行っても、「この本を読むことで人生変わるかもしれない!」なんてワクワク感を持って本を買うこともある。

これは私だけかなー?なんて思ってたけど、amazonでいろんな本を見てると、多くの人が変身願望を持っている気がする。
というかそういうタイトルの本がランキングに入っている気がする。

適当に目に付いた本がこれなんだけど、0.2秒はすごいね!

広い意味で言ったら、こんまり先生の「人生がときめく片づけの魔法」も人生にときめきと言う変化を求めてる気がする。

あなたの暮らしがこんなに便利になりますよ」とか「この商品があることで、いつもの作業時間の半分でできます!」とかは、人間の欲求を刺激するんだろうなぁ。
それだけ「変わる」って言葉には魅力があるのかもしれない。

ここ最近うじうじ考えていたこと

私はそういう「この本を読めば、あなたにもこんな変化が!」みたいな本結構読んできたんですよねー・・・。

結果どうなったのか?

・・・え?何か変わった?くらいの感想しかないんです。
なんてこった\(^o^)/

そこで気づいたんだけど、、「変わりたい」って願望は持っているくせに「変わった先の目標」というのを一切持っていなかったことに気づいたんです。
なんて今更な話!

そこで、「自分がどうなりたいのか」という学生時代に決着を付けておくべきことを、今更ながら向き合ってみようと思った訳です。

自分がどうなりたいか、考えてみる

まぁ手帳を開いて考えてみたけど、全然どういう風に考えていいかわからん!

と早速の行き詰まりを感じました。どう考える?

そんな時に最近読んだ本にヒントがありました。

文章術の本なんですけどね。
そこに「ブレインダンプ」って単語があったんです。
ビジネスシーンで使われることもあるようなので、ご存知の方も多いのかな?

「ブレインダンプ」とは、ブレイン(脳)の中の情報をダンプ(表示)すること。
イメージとしては、ダンプカーが運んできた土や砂利をまとめてザーッと出すように、脳の中に入っている情報をすべて出し尽くす作業です。

やり方は簡単です。
ペンと大きめのノートを用意したら、あとはテーマを設定し、関連する単語を思いつくままに書き出していくだけ。
記すべき言葉はすべてあなたの脳の中に収まっていますから、参考図書や資料は一切、必要ありません。

な、なるほど!これなら簡単そうだ!

早速やってみよう

ノートとペンを持ってひたすら書く、ひたすら書く。
思いついたことなら、どんなことでも書く・・・・

とまぁ、日曜の寝る前にやったのがよくなかったのかな?
明日仕事って思考がちらついて、すごいネガティブになってきて・・・

「私って一体なんだ?」

って哲学者みたいな言葉がこう書かれまして・・・

参考までに画像載せておきます・・・。

note

(この時点ではブログのネタにしようと思ってなかったら、結構ガチな感じになってしまった・・・ちょっときつい画像だな・・・)
こんな感じでノート4ページ分を埋め尽くしました!

普段ブログを書くくらいだから文章書くのが苦じゃないというか、思いついたこと片っ端から書けって言われたら終わる気がしないよ・・・。

しかも、なぜか思考がどんどんネガティブに!なぜ!?

ちょっとこの方法は一回諦めよう、うん。

という訳で

今回ちょっと見失ったのですが、自分がどうありたいかについてしばらく考える青臭い記事を続けたいと思います。

次回はもう少し、目標設定ができた記事が書ける予定です。
予定は未定・・・。

The following two tabs change content below.
都内の某おしゃれタウンで働く場違いOL。 インドア派のネガティブ思考。 7割真面目で3割ふざけてる、くらいの割合だと思う。多分。きっと。 詳しいプロフィールはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterフォローしてもらえると喜びます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA