2020年の手帳の使い方はこちら

【手帳術】OLのシステム手帳の使い方を紹介します! -2020年ver.-

こんにちは!saoです。
以前にこんな記事を書いていたのですが、
システム手帳の使い方?システム手帳をこんな風に使っているよ! 4年も経った今でもこの記事を見てくれている人が多く、びっくりします。
時間が経った今では新たな使い方をしているので、内容を紹介していきたいと思います。

愛用サイズの変化

以前はバイブルサイズを使っていました。

その当時の私が思っていた難点は下記の通り。

問題点
・書ける範囲が狭い割に手帳自体が大きい
・分厚い
・リングが邪魔して左ページが書きにくい
・用紙サイズが独特なので、オリジナルリフィルを作るとしたら専用の台紙を買って印刷する必要がある
・かわいいリフィルが少ない
・考え事など面積を使って書きたいときに用紙が小さい
などなど。

ずっとA5サイズのルーズリーフも併用していたので、A5サイズのルーズリーフを手帳にした方が荷物が減ってよさそうだな、と思っていました。
そんなある日、LOFTでこんな手帳と出会ってしまうのです!

それがこちら、CLIP BOOK!

A5サイズなのですが、用紙サイズギリギリのカバーサイズなので、バイブル手帳に感じていた「用紙サイズの割に大きい」というのを感じることがなくなったのです。

リフィルも豊富だし、とっても可愛い!!!!
ということで今度は中身の紹介をしたいと思います。

マンスリーページ

ぼかし入れてます!

基本的に予定はスマホのGoogleカレンダーを使っているので、あんまり書き込むことがありません。
ただ入れておくと、全体を見ながら予定を立てたりするのに使えたり、Googleカレンダーでは主に仕事の予定を管理しているのに比べて、こちらはプライベートの予定に役立っています。

元々はdeconaというリフィルを使っていました。

こちらの難点は、そんなにマンスリーに書き込まないのに、見開きという大きさで結構大きい。
デザインが可愛くて、ケント紙の風合いも好きだったのですが、利用頻度が減ってきました。

現在使っているのが、メモリストというリフィル。

日付書き込み式なので、思いついた時に使えます。
右ページに使っているのがその時の目標などを書き込む用紙。
こちらの用紙は

こちらの本についてきた付属のブックを解体して穴を開けたものです。
手帳系の本って面白くてついつい買っちゃって。その時に買った本のリフィルになります。

デイリーページ


ここが一番大事にしているページかもしれません。
マンスリーのページでも書きましたが、私にとって手帳は予定の管理ではなく、モチベーションの管理をする意味合いが強いです。
日々どんな風に過ごしたか?と言った記録だったり、今月はどんな仕事をしていたかの振り返りに使っています。

んで、なんと使っているのが「スタディプランナー」
そう。勉強管理用のツールなのです。

勉強管理用のツールとは言え、日々のタスクを管理するのにちょうどよく、下のメモ欄にその日の日記を書けば「自己成長の記録ノート」に変化するのです。
これを毎日書いて、月の終わりに見返して、今月はどんな月だったのか来月はどんな月にするのかを考えるのです。

INDEXページ


順番が前後してしまったんですが、INDAEXページ。
こちらは紙で作られているので、clip bookとは相性が悪いのですが、可愛いのとお値段も手頃なので愛用しています。笑
今度紙じゃないINDEXに買い換えようかな。ボロボロになってきてますよね・・・。

読み物ページ


以前の使い方でも紹介していた、読書メモとしての使い方に似ているのですが、仕事の重要な内容なども印刷して入れています。
A4サイズの用紙で出力して、裁断して専用の穴あけパンチで穴を開けたらもう入れれます!

総括

そんなこんなで引き続き手帳を楽しく使っています♪
以前から変わったこともたくさんありますし、変わっていない使い方もあったのではないかと思います。

sao

手帳を開くのが楽しみになってる!
どんどん可愛い手帳に育て上げたいと思います

それではっ!

The following two tabs change content below.
都内の某おしゃれタウンで働く場違いOL。 インドア派のネガティブ思考。 7割真面目で3割ふざけてる、くらいの割合だと思う。多分。きっと。 詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA