小説「神様の裏の顔」が面白い!感想やレビュー

神様の裏の顔

こんにちは!saoです。

久しぶりに小説を読んでみたら、すごい面白かったので紹介します。

神様の裏の顔?とは

誰にでも尊敬されている「坪井誠造」が亡くなった・・・。

神様のように多くの人に慕われた教師の「坪井誠造」。
通夜の席で多くの人が「坪井誠造」を思い起こしていくつちに、「坪井誠造」の裏の顔を行き当たる。

凶悪な殺人に手を染めたと犯人なのではないか?という疑惑!!!!

しかも、一人じゃない。何人もの殺人に手を染めたという疑惑が上がっているのだ。

そこで参列者たちで話し合い、事件の真相に近づこうとするが、そこで見えたのは・・・!?

第34回横溝正史ミステリ大賞受賞作です。そう、ミステリーですよ!

読みやすさとストーリーのテンポが秀逸!

とにかく読みやすさが抜群!
気付いたら物語に引き込まれて、さくっと読み終わっていました!

ストーリー的には、湊かなえさんの「告白」や「白雪姫殺人事件」のような話です。
複数の視点で一人の人間について話します。
物語が二転三転していくので、最後まで気が抜けません。

以下は少しだけネタバレを含みます!
重大なオチとかは書かないので、登場人物紹介程度です。

登場人物紹介

私はいっきに読んだので、登場人物で混乱することはなかったのですが、もし少しづつ読んでいる方は登場人物がごっちゃになるかもなので、簡単な登場人物の紹介をしておきます!

坪井晴美

坪井誠造の娘であり、今回の通夜で喪主を務めています。
美人でしっかり者だけど、過去には教師をしていたことがあり、そこで担当していた生徒ともめた過去があり・・・?

坪井友美

晴美の妹で、女優を目指しているが、全く売れていない。
そのため、親戚と会うのが気まずく、今回の通夜は少し憂鬱に感じている部分がある。

姉に比べて勝気できつい性格。

斎木直光

中学生のときに、坪井誠造が担任だったことがきっかけで今回の通夜に参加する。
最高の恩師だったと思っていたが、通夜の場で同級生の死に坪井誠造が関わっているのでないかち疑惑が持ち上がる・・・。

坪井晴美と高校生の同級生でもある。

根岸義法

坪井誠造と同僚の教師。坪井誠造を尊敬しているが、色々複雑な悩みを抱えている。

個人的には、初期の発言が衝撃的でインパクトが強かった。笑

香村広子

坪井誠造が経営していたアパートの主婦。
夫が認知症になった際や、自分の子どものことで坪井誠造にはお世話になった。

夫が亡くなったときの真相に坪井誠造が関わっているのかという疑惑が上がる。

鮎川茉希

中学生のとき、不登校になり、その際に坪井誠造にお世話になった。
また、一人暮らしを始める際に、坪井誠造の経営するアパートに入居。

・・・うん。神様の裏の顔はこの子のエピソードだよ・・・。

寺島悠

同じく坪井誠造が経営するアパートの住人で売れないお笑い芸人。
坪井晴美が気になっている。

頼りなさそうとして、物語を途中から展開させるキーパーソンになる!

続きは本で!

私はこういう展開のミステリー大好きなんです。
複数の人間の視点で一つの人や物語を語っていくと、新たな事実が見えてきて・・・!?みたいなやつ!
深く考えないままで終わりまで振り回される感じです。

そういう意味で私のツボを押さえていて、とても楽しかったです。
同じ系統が好きな人がいらしゃったら、ぜひ!

The following two tabs change content below.
都内の某おしゃれタウンで働く場違いOL。 インドア派のネガティブ思考。 7割真面目で3割ふざけてる、くらいの割合だと思う。多分。きっと。 詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterフォローしてもらえると喜びます♪

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)